お手伝いを楽しくする方法

子どもとどうやって遊べばいいの? 遊びのプロが、遊育(あそいく)のお悩みに答えます!

Q:家で過ごす時間が長いので、お手伝いを遊びに変える方法はありますか?

今はお家にいる時間が長く、お子さんと遊んであげたいけれど家事などやらなければいけないことも溜まってしまい、お母さんお父さんは両立が大変ですよね。

「楽しい」と感じる時はいつ? 

子どもに「お手伝いして!」とお願いしても、子どもって退屈がってやりたがらないですよね。それは、そのお手伝いに「楽しさ」がないから。「楽しい」と感じられれば、お手伝いだろうが遊びだろうが、子どもは興味をもってくれます。
「楽しい」という感覚は、子どもにとって「ちょうどいい」程度の一歩上のチャレンジを自発的に行い、五感を適度に刺激することで感じられるんです。よくいう、「ドーパミン」や「ノルアドレナリン」という感覚物質が発された時です。

ちょっとした工夫でお手伝いを楽しく

「五感」とは視覚、聴覚、触覚、固有覚(力の入れ加減を感じる感覚)、前庭覚(身体の傾きやスピード、回転を感じる感覚)のことで、特に、固有覚と前庭覚は「楽しい気持ち」を感じるのにとても重要な感覚です。このどちらかの感覚に視覚や聴覚、触覚をプラスすることが「楽しい」と感じるのに重要です。
例えば、ちょっとお部屋の電気を暗くしてみたり(視覚)、音楽を流してみたり(聴覚)、いつもと違う靴下を履いてみたり(触覚)。他にも、嗅覚や味覚を刺激することも効果的です。

お手伝いの作業とは異なる感覚をプラスしてみよう

それでは、どんな風に感覚をプラスしたらよいのでしょう?

例えば、お風呂洗いをする時に、アロマを焚いて音楽を流し、リズムに合わせてお掃除をしてみたり、料理の時に足で踏み踏み生地をこねたり、歌をうたいながら、テンポに合わせて作業をするなど、体の動きと香り(嗅覚)や音楽(聴覚)、手触り(触覚)を合わせてみることが、「楽しい」ポイントになります。味見をしながら一緒にお料理するのもいいですね!

もちろん、自発性を意識するのが大切です。楽しそう!やってみたい!に合わせて、五感を意識した工夫をしてみましょう。

弘永 元(ひろなが はじめ)
株式会社アネビー 開発部・安全管理部
国際遊び場検査士機構 – 精密点検検査士(RPII – Certified Outdoor Annual Inspector)

アネビーホームページにてコラムを掲載中!
こちらも是非ご覧ください。
https://www.aneby.co.jp/safety/