「絵とことば」がテーマの、
「ありそうでない」美術館

「PLAY! MUSEUM」は子どもから大人まで誰もが楽しめる美術館。絵とことば、さまざまな体験を通じて、自由に感じて、発見できる場所です。有名な絵本作家を紹介する展覧会(常設展)と、新しい視点のクリエイターやアートを特集する展覧会(企画展)の、ふたつの展覧会を同時に見ることができます。

『はらぺこあおむし』イラストレーション

Collection of Eric and Barbara Carle, Courtesy of The Eric Carle Museum of Picture Book Art, Amherst, Massachusetts. © 1969, 1987 Eric Carle.

開催中

常設展「エリック・カール 遊ぶための本」

2020年6月10日(水)-2021年3月28日(日)

世界的ベストセラー作家が生み出す、おもちゃのような絵本の世界

絵本の魔術師とも称され、日本でも人気の高いアメリカ人の絵本作家エリック・カール。
代表作『はらぺこあおむし』など、おもちゃのような絵本の数々を、コラージュの手法で作られた色鮮やかな原画とともに紹介します。

開催中

企画展 「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展

2021年1月9日(土)-3月28日(日)
『ふたりは ともだち』など「がまくんとかえるくん」のシリーズで知られるアメリカの絵本作家、アーノルド・ローベルの国内初展覧会。 「がまくんとかえるくん」を中心とする約30冊の絵本を、貴重な原画やスケッチ約200点とともに紹介します。ユーモラスで温かいローベルの世界をお楽しみください。
予告

企画展 「耳をすますように 酒井駒子」展

2021年4月10日(土)-7月4日(日)
『よるくま』『金曜日の砂糖ちゃん』(いずれも偕成社)などで知られる絵本作家・酒井駒子の初となる本格的な個展です。これまでに刊行された20冊を超す絵本を中心に、約200点の原画を厳選して紹介。森の中、街の中をゆったりとめぐりながら、絵とことばに出会う、そんな新しい体験を提供する展覧会です。
予告

常設展「ぐりとぐら しあわせの本」

2021年4月10日(土)ー2022年3月末予定
国内外を代表する絵本作家や絵本をとりあげる、PLAY! MUSEUMの常設展。2021年4月から1年間「ぐりとぐら しあわせの本」展を開催します。 来場者は、絵本のページをめくる代わりに、自分自身がぐりとぐらとなって、四季折々の絵本の中を歩いていきます。ふしぎな出会いや冒険、すてきなもの、草花、そしておいしいもの。 子どもたちは心を躍らせ、大人は懐かしい記憶と新たな発見を楽しむことができる展覧会です。
予告

企画展「誕生65周年記念 ミッフィー展」

2021年7月10日(土)ー9月12日(日)
オランダの絵本作家でグラフィック・デザイナーのディック・ブルーナさんの描くミッフィー(うさこちゃん)の誕生65周年を記念する展覧会。 2020年夏に東京・松屋銀座で開幕し、その後全国を巡回している展覧会を、PLAY! MUSEUMならではの展示でお見せします。 『ゆきのひの うさこちゃん』 原画 1963年 Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv,1953-2020 www.miffy.com

TOPICS

企画展 「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展
2021年1月13日、1月27日、2月10日、2月24日、3月10日、3月24日 各14:00-
「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念アーノルド・ローベル展
企画展 「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展
企画展 「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展
2021年4月10日(土)ー2022年3月末予定
11月2日(月)から市民割引制度[立川割](在住・在学)もスタート
「PLAY! MUSEUMは、そこで起きた"できごと"が積み重なっていくような場所」