【PLAY! LIVE】東京フィルハーモニー交響楽団 7月は打楽器とピアノの演奏

7月4日(土)、7月19日(日)

新型コロナ対策を図りながら実施するライブパフォーマンス。300m² の〈大きなお皿〉で、人数を限定して行います。観客は好きな場所、好きな姿勢でそれぞれ距離を取りながら楽しむことができます。子どもがライブの途中で泣かないかな?騒いだりしないかな?心配はいりません。自由で、くつろいだ雰囲気の会場です。本物のライブパフォーマンスを通じて、大人と子どもが一緒に「見て」「聴く」喜びを提供します。

東京フィルハーモニー交響楽団のメンバーによる演奏をお届けします。
7月は打楽器とピアノの演奏をお楽しみください。

【PLAY! LIVE】東京フィルハーモニー交響楽団

会場:PLAY! PARK

開催日:
7月4日(土)10:15-12:15 
7月4日(土)13:00-15:00
7月19日(日)13:00-15:00 
7月19日(日)16:00-18:00

予定演目:「剣の舞」(ハチャトゥリアン)
「星に願いを」(ハーライン)
「パプリカ」(米津玄師)
「アナと雪の女王」より、ほか

出演:打楽器(船迫優子)、ピアノ(稲島早織)

時間:2時間(ライブ45-60分程度、ライブ終了後はPLAY! PARKを自由利用)

料金:
大人・子ども共通 各2,500円(税別)
大人のみ参加 2,000円(税別)
3歳未満 500円(税別) 
※6か月未満無料

定員:各回90名 
※保護者1名につき子ども2名まで 

対象:0-12歳の子どもとその保護者、大人

参加方法:各回予約・入替制(先着順)
親子の参加予約はこちら
大人のみ参加予約はこちら

※子どものみの参加はできません

アーティストプロフィール

船迫 優子(ふなさこ ゆうこ)打楽器

武蔵野音楽大学卒業、桐朋学園大学附属桐朋オーケストラアカデミー修了。これまでに、オーケストラ・吹奏楽・アンサンブル・ソロなど多方面で活動。近年は、各地の吹奏楽コンクールや全国大会での審査、雑誌でのワンポイントレッスンの執筆など、後進の指導にも力を注ぐ。 2016年には日伊国交樹立150周年記念オーケストラ(リッカルド・ムーティ指揮)の一員として、イタリア・ラヴェンナ音楽祭に参加。2007年より東京フィルハーモニー交響楽団打楽器奏者。

©️上野隆文

稲島 早織(いなじま さおり)ピアノ

桐朋学園大学、同大学研究科修了。在学中、桐朋オーケストラ・アカデミーとピアノ協奏曲を共演するほか、卒業演奏会に出演。ショパン国際ピアノコンクールinASIA銅賞、ルーマニア国際音楽コンクール第2位など、数々のコンクールで入賞。日本、チェコ、フランス、ポーランドにて多数のコンサートに出演。文化庁主催「文化芸術による子供育成総合事業」のワークショップ公演にて、各地の小・中学校で演奏。2016年に【スメタナ:連作交響詩「わが祖国」】、 2019年に【ドヴォルザーク:後期三大交響曲ほか】(作曲者自身によるピアノ連弾版)のCDを全国発売。レコード芸術にて準特選盤に選出されるなど、各紙から高い評価を得る。現在、後進の指導にもあたっている。
オフィシャルサイト