「絵とことば」がテーマの、
「ありそうでない」美術館

「PLAY! MUSEUM」は子どもから大人まで誰もが楽しめる美術館。絵とことば、さまざまな体験を通じて、自由に感じて、発見できる場所です。有名な絵本作家を紹介する年間展示と、新しい視点のクリエイターやアートを特集する企画展示の、ふたつの展覧会を同時に見ることができます。

開催中

年間展示「ぐりとぐら しあわせの本」展

2021年4月10日(土)ー2022年3月末予定
国内外を代表する絵本作家や絵本をとりあげる、PLAY! MUSEUMの年間展示。2021年4月から1年間「ぐりとぐら しあわせの本」展を開催します。 来場者は、絵本のページをめくる代わりに、自分自身がぐりとぐらとなって、四季折々の絵本の中を歩いていきます。ふしぎな出会いや冒険、すてきなもの、草花、そしておいしいもの。 子どもたちは心を躍らせ、大人は懐かしい記憶と新たな発見を楽しむことができる展覧会です。

開催中

企画展示「みみをすますように 酒井駒子」展

2021年4月10日(土)-7月4日(日)
『よるくま』『金曜日の砂糖ちゃん』(いずれも偕成社)などで知られる絵本作家・酒井駒子の初となる本格的な個展です。これまでに刊行された20冊を超す絵本を中心に、約250点の原画を厳選して紹介。森の中、街の中をゆったりとめぐりながら、絵とことばに出会う、そんな新しい体験を提供する展覧会です。
予告

企画展示 「誕生65周年記念 ミッフィー展」

2021年7月10日(土)ー9月12日(日)
オランダの絵本作家でグラフィック・デザイナーのディック・ブルーナさんの描くミッフィー(うさこちゃん)の誕生65周年を記念する展覧会。 2020年夏に東京・松屋銀座で開幕し、その後全国を巡回している展覧会を、PLAY! MUSEUMならではの展示でお見せします。

TOPICS

企画展示「みみをすますように 酒井駒子」展関連企画
絵本は種のよう。作家らとともにじっくり育て、花を咲かせたい
団地を舞台にした雪の日のお話。海外でも共感を呼ぶ文と絵の力
「ぐりとぐら しあわせの本」展関連イベント
だれもが自分のこころに持っている、子どものころの感受性を引き出してくれる絵本
年間展示 「ぐりとぐら しあわせの本」展 オリジナルグッズ