「ふたり 矢部太郎展」 PLAY! PARKの関連企画

2024 年4月24日(水)ー7月7日(日)

PLAY! MUSEUM「ふたり 矢部太郎展」にあわせ、PLAY! PARKでは、矢部太郎さんの作品に登場するシーンを楽しむあそびやワークショップを開催します。

ろうそく1本、バースデー○○

“はぴいばすでい とぅ やあべさあん”

大家さんは、おはぎにろうそくを1本刺して、矢部さんのお誕生日をお祝いしました。ろうそくが刺さるだけで、いつもの〇〇がバースデーケーキのように、ちょっぴり素敵に見えてきます。

風変わりだけどなんだか嬉しい「バースデー◯◯」を作ったら、最後はみんなでバースデーソングを歌ってお祝いしましょう。

日時2024年4月24日(水)ー7月7日(日)までのあいだ、日替わりで開催
会場PLAY! PARK〈ファクトリー〉
参加費無料(別途PLAY! PARK入場料)
対象3ー12歳の子ども
定員10名
参加方法定員を超える場合、参加は抽選です
*抽選当日の各回30分前〜10分前に受付、5分前に当選者発表

「あそび屋台」
(かおぼしフリスビー/ごきげんよう糸電話/ビニール凧ぶくろ/モコちゃんになる)

たのしい遊びスポットが、たくさん出現!
*定員なしで来場者みんながいつでも遊べる常設コーナーです。

日時2024年4月24日(水)ー7月7日(日)までのあいだ毎日
会場PLAY! PARK〈下駄箱前〉
参加費無料(別途PLAY! PARK入場料)
対象全年齢*3歳以下の子どもは保護者のサポートが必要です
定員なし
参加方法いつでも遊ぶことができます

かおぼしフリスビー

矢部太郎さんの幼少期、お父さんとお友達みんなで夜空を見上げて眠った日のこと。
“星がみんなの顔に見えるよ” ぽつり、お父さんがつぶやきました。
みんなの顔を星にして、空高く飛ばしてみよう。

ごきげんよう糸電話

大家さんの挨拶は、いつでもどこでも「ごきげんよう」。
大家さんと矢部さんは、何かといつも電話を交わしていました。みんなで糸電話を作って、「ごきげんよう」の挨拶から始まるおしゃべりを楽しもう。

ビニール凧ぶくろ

矢部太郎さんのお父さんは、身近なもので遊びを作るのが大得意。ビニール袋だって、紐をくくりつけたら、立派な凧に変身!
屋根があるPLAY! PARKでもなんのその、どこでも遊べるビニール凧ぶくろを作ってみよう。

モコちゃんになる

動物園の人気者、モコちゃん。自慢のモコモコヘアーを身につけて、モコちゃんになりきろう。
*モコちゃん…『楽屋のトナくん』に登場するモコモコがチャームポイントの仲間です。