PLAY! PARKの大型遊具「バルーン・モンスター」って?

8000個の風船を使ってつくられた手作りの遊具

PLAY! PARK〈大きなお皿〉メイン遊具「バルーン・モンスター」が9月12日(土)に誕生しました!

どーん!

ふわふわ…
もこもこ…
ぐにゃぐにゃ…

バルーン・モンスターは、たくさんの風船をつないでできた不思議な遊具です。力が加わるとすぐに割れてしまう風船も、ちょっとした工夫で大型遊具に変身。大人が乗っても割れません。
このユニークな遊具は、東京都市大学の学生団体「如学会」が発案、その成果を同大学の手塚研究室が引き継いで制作しています。

バルーン・モンスターの作り方

こちら、ふくらませた風船を梱包用ラップでぐるぐる巻きにしたものをつなげて作られているんです。

ラップをくるくると巻いて…

余計な空気が入らないようギューッと引っ張る!

なかなかな全身運動です。
巨大なバルーン・モンスターのために使われる風船の数はなんと8000個!全部手作りで組み立てています。

風船の上に登り、どんどん高く、大きくしていきます。

バルーン・モンスターの遊び方

できあがったバルーン・モンスターでは、どう遊ぶんでしょう?

くぐったり

よいしょっともちあげてみたり

ごろごろ転がってみたり!

遊び方は無限大。
割れない風船の上で遊ぶと、何ともいえない気持ちよさを味わえます。
さあ、のぼって、おりて、くぐって、ねころんで!

小さな「バルーン・モンスター」を作ろう

「日がわりのワークショップ」では、来場者もバルーン・モンスターづくりに参加できます。家族ごとに、赤ちゃんサイズのバルーン・モンスター作りに挑戦!

ラップを引っ張って

ぴったりと巻きつけます。
家族ごとに、色々なかたちが生まれました。

ながーいのをつくる家族

ドーナツのような輪っかを作る家族

ふたつのかたまりをつなげても楽しいですね。
作ったバルーン・モンスターは、家まで連れて帰ってもOKです。

「バルーン・モンスター」協力

手塚貴晴(制作協力)

東京都市大学手塚研究室(制作協力)
山口波大
米盛裕美
佐竹光一
中野慶仁
福井将理
岸田淳之介
根津鷹之
池田勇輝
石川朔巳
宋慶邦
山田倫太郎
木村晟洋
西寛子
塩谷晃平
福本樹太
小川晃由
小林杏乃
岩本あかり
塚本慧晴
松橋太河
北村友譜
掘野絢平
徳江航
鶴田叡
森川麻里
Ella Engström
Evelina Strandberg
Ivan Grelz

東京都市大学「如学会」(発案)
北村友譜
目黒周作 
秋山利奈
五十嵐雄大
梅原恭介
小川陵祐 
尾花さき
梶ヶ谷恭輔
加藤州 
川島俊哲
川田理紗子
川野辺怜奈 
久保堅太郎
熊谷新太郎
佐藤勇輔
真田義隆
杉田奈美
数藤朱梨
中村智玲
永井瞳 
長谷川貴大
花房考
高垣克哉

TOPICS

「PLAY! PARKは、子どもと大人が一緒にいて楽しい動物園のような場所」