日替わりのワークショップ

2022年7月

PLAY! PARKで開催しているアートやサイエンスを学べる「日替わりのワークショップ」、2022年7月のラインナップを紹介します。
7月からは、「クマのプーさん」展の開催を記念した新しいワークショップや、夏休みに合わせた特別なワークショップが登場!

日替わりのワークショップ 概要

PLAY! PARKで毎日行なっているアートやサイエンスを学ぶ日替わりのワークショップ。
内容は日によって異なりますので、Googleカレンダーをご確認ください。

日時毎日、日替わりで開催
時間40分〜1時間程度
会場PLAY! PARK〈ファクトリー〉など
参加費無料(別途PLAY! PARK入場料)
対象0-12歳の子どもとその保護者
定員各回10名〜20名(ワークショップにより異なる)
参加方法定員を超える場合、参加は抽選です
*抽選当日の各回30分前〜10分前に受付、5分前に当選者発表

日替わりのワークショップ「ワッペンなににつける?」

2022年4月9日(土)−9月末まで開催予定の「Let’s! PLAY! NUNO!」関連ワークショップです。

ひもで輪郭をつくって、中にフェルトをどんどんかさねていきます。
自由に形を考えて、自分だけのワッペンをつくろう!
完成したワッペンはアイロンで熱を加えると、洋服などの布につけることができます。

みんなはワッペンなににつける?

日替わりのワークショップ「グルグルフカフカシート」

2022年4月9日(土)−9月末まで開催予定の「Let’s! PLAY! NUNO!」関連ワークショップです。

好きな毛糸を組み合わせ、ストローにぐるぐる巻いて、貼って、切って…
手で触るとやわらかくて気持ちいい、フカフカシートをつくろう。

お家へ持ち帰る小さなシートと、みんなで協力してつくる大きなシートをつくります。大きなシートが完成したら、PLAY! PARK館内で実際に使えるようになりますよ。
どんなフカフカシートができあがるか、お楽しみに!

日替わりのワークショップ「ぬのおばけだぞ!」

ワッ!ぬのおばけだぞ!
布に穴をあけたり色をつけたりしてワッ!と驚くぬのおばけをつくります。
ぬのおばけになったら大きなお皿でみんなを驚かせよう!

日替わりのワークショップ「PLAY! PAPERでつくろう」

みんながつくった色がみPLAY! PAPERを使って、エリック・カールのようにコラージュで作品作りを行います。
PLAY! MUSEUMで開催していた展覧会「エリック・カール 遊ぶための本」関連企画。

日替わりのワークショップ「はじめましての楽器をつくろう」

親子で音の出る楽器を作り、リズムを楽しむ小さな演奏会を行います。
対象:0-2歳の子ども
*ワークショップ対象者がいる日のみ、不定期で開催

日替わりのワークショップ「絵本でPLAY!」

絵本の読み聞かせを行いながら、親子で身体を動かし、〈小さなお皿〉で遊びます。絵本の内容は当日のお楽しみ。
対象:0-2歳の子ども
*ワークショップ対象者がいる日のみ、不定期で開催

日替わりのワークショップ「おともだちをつくろう」(7月16日㊏〜)

「クマのプーさん」展の開催記念のワークショップ。
『クマのプーさん』の題材でもあるクリストファーロビンのおもちゃたちのように、自分だけの指人形をつくって名前をつけたり、お話を考えたりしてみよう。

夏休みの自由研究(7月23日㊏〜)

今年のテーマは「つめた~い」!
夏休みにあわせ、特別なワークショップが3種類登場します!
*詳細は後日発表

ちいさな日替わりのワークショップ

夕方の時間は、みんなが参加できる15分前後のちいさなワークショップを開催します。

ぜんぶで3種類。
「コジコジのオナラ」
「大きくなれ!洗濯山!」
「紙のたまご はこぼう!」

PLAY! MUSEUM企画展示「コジコジ万博」に関連したワークショップも!どれが開催されるかは、当日のお楽しみ。

コジコジのオナラ

コジコジのオナラには特別なパワーがあります。 張り詰めた空気を和ませたり、笑いを誘ったり、まほうのようにしあわせを運んでくれます。

さぁ、みんなもオナラであそぼう!

大きくなれ!洗濯山!

PLAY! PARK内に散らばった洗濯物を集めて、大きな洗濯山を築きます。

紙のたまご はこぼう!

PARKスタッフと一緒に大きなたまごをつくったり、大きなたまごを転がして運んでみよう。