藤間直三 邦楽ノンバーバルパフォーマンス「夢の国の物語」

PLAY! LIVE レポート

PLAY! PARKでは、土日祝限定のプログラムPLAY! LIVEを行っています。
6月20日には、日本舞踊の藤間直三さんによる邦楽ノンバーバルパフォーマンス「夢の国の物語」が行われました!

PLAY! LIVEとは?

300m² の〈大きなお皿〉で、人数を限定して行う贅沢なライブです。観客は好きな場所、好きな姿勢でそれぞれ距離を取りながら楽しむことができます。クラシックからポップス、パントマイム、日本舞踊など、本物のライブパフォーマンスを通じて、大人と子どもが一緒に「見て」「聴く」喜びを提供します。

プログラム一覧はこちら

距離をとりながら、大きなお皿をぐるりと一周。藤間直三さんの登場です。

なかなか見る機会のない日本舞踊。
日本で昔から親しまれてきた芸能のひとつで、言葉を使わずに、身体の動きだけで表現を行います。言葉を使わずに表現する方法は、今の生活にも生かせる部分が多そうです!

今回のPLAY! LIVEも、喋らず、身体の動きだけでコミュニケーションを楽しむことをテーマにした邦楽ノンバーバルパフォーマンス。なかなか馴染みのない日本舞踊を、子どもたち、大人たち、みんなが親しめるように噛み砕いて表現されたPLAY! LIVEのための特別プログラムです。

日本舞踊家の藤間直三さんは、LIVEの中で、時に男の人になり、女の人になり、動物にも…!?いろんなものに変身。

立ち回り(戦いのシーン)でポーズを決める藤間直三さん。

そして、小道具を刀や銃に見立て、さらには水になり、波になり、嵐に…いろんなものに変身していきました。是非、みなさんも何が出てくるのか想像してみてください。

ひらひらと流れるように舞います。これはなんだろう…?

舞踊のほかにも、伝統楽器、三味線、お囃子の生演奏もあります。いろんな音がPARKに響き渡りました。

楽太鼓と太鼓
長唄三味線

劇場で行われることがほとんどの日本舞踊。
PLAY! LIVEは広々とした大きなお皿で自由に楽しむことができるので、小さなお子様の姿もたくさん見られました。

お皿の縁に寝転がって楽しむ家族や
寝そべってもOK 

ゴロゴロしている子や…坂ですべり落ちる子…うとうと寝ちゃってる子…
ライブの途中で泣かないかな?騒いだりしないかな?心配はいりません。自由で、くつろいだ雰囲気のライブ会場です。

演者の藤間直三さんからも、いつもとは違うステージに、「ノンバーバルパフォーマンスでありながらお客様との心の距離を近く感じることができました。」とコメントをいただきました。

藤間直三 邦楽ノンバーバルパフォーマンス「夢の国の物語」は7月5日(日)、7月18日(土)にも開催されます。詳細はこちら

どこかへ出かけたり、誰かに会いに行ったりすることは、今まで以上に貴重なものになりました。そんな中、こんなに大きな空間を少人数限定で使うのは、とても贅沢。今だからこその特別な体験かもしれません。
広々と、のびのびと、ぜひ身体全身でPLAY! LIVEを味わってみてください。