PLAY! PARKの大型遊具「おいでよ紙の森へ!」

2021年4月10日(土)ー8月末 大型遊具 

春からは新聞紙…!?
PLAY! PARKでは、〈大きなお皿〉を舞台に、クリエイターと一緒にユニークな遊具を開発しています。バルーン・モンスターの次は、4月10日(土)から紙の遊具が登場!

ミノムシみたいにぶらさがって、ガサゴソと新聞紙に飛び込もう!
他にもダンボールの洞窟など、紙のあそびが続々登場します。

新聞紙、ダンボール、トイレットペーパー、コピー紙など…生活の中にある身近な紙を、家ではやっちゃダメな方法で思いきり楽しもう。

「くしゃくしゃおばけ」

くしゃくしゃ、がさがさと、大きなお皿の真ん中に新聞紙がたくさんぶらさがっています。かき分け、抱きつく、ぶら下がる!子どもも、大人も、ミノムシのようにゆらゆらと揺れながら、風を感じます。そして、そのまま新聞紙の中へ飛び込もう!
制作風景など、詳しくはこちら

日時・参加方法開館時間内はいつでも参加可能
会場PLAY! PARK〈大きなお皿〉
参加費無料(別途PLAY! PARK入場料)
対象全年齢 *3歳以下の子どもは保護者同伴

「ダンボールのどうくつ」

何枚も積み重ねられたダンボール。子どもしか入れない小さな穴をすすんでいくと、秘密基地のような空間が広がっています。てっぺんにのぼって、PARKをみわたしてみよう。

日時・参加方法開館時間内はいつでも参加可能
会場PLAY! PARK〈受付付近〉
参加費無料(別途PLAY! PARK入場料)
対象全年齢 *3歳以下の子どもは保護者同伴

「トイレットペーパーで〇〇したい!」

子どもには、入場するとなんとトイレットペーパーのプレゼントがあります。(生後6か月以上)トイレットペーパーをプレゼントされても…ですが、PLAY! PARKは家ではやっちゃダメなことも、楽しい遊びのアイデアに転換する場所。

ころころ転がす!ぐるぐる巻きつける!びりびりちぎる!1本使い切るまで思いきり遊びましょう。使用したトイレットペーパーは、ファクトリーでの工作に使われたり、最後までとことん、楽しみ、活用します。
〇〇に当てはまるテーマを設けて、ワークショップも定期開催します。

日時・参加方法開館時間内はいつでも参加可能
会場PLAY! PARK〈ギャラリー横 など〉
参加費無料(別途PLAY! PARK入場料)
対象全年齢 *3歳以下の子どもは保護者同伴

制作協力
手塚貴晴(PLAY! PARK館長)
東京都市大学手塚研究室