年間展示「ぐりとぐら しあわせの本」展

2021年4月10日(土)ー2022年4月10日(日)

柚木沙弥郎展開催期間中のMUSEUMチケットについて(11月20日−1月30日)

企画展示 「柚木沙弥郎 life・LIFE」の開催期間中は、当日券で入場できます。
休日および混雑が予想される日のみ事前決済の前売券(日付指定のみ、オンラインチケット)の購入がおすすめです。
*前売券は優先入場ではありません
*前売券は前月21日10:00から当日の17:00まで販売します


詳しくはこちら

『ぐりとぐら』(表紙)より(福音館書店)©Rieko Nakagawa © Yuriko Yamawaki

国内外を代表する絵本作家や絵本作品をとりあげる、PLAY! MUSEUMの年間展示。
2021年4月から1年間は「ぐりとぐら しあわせの本」展を開催します。

『ぐりとぐら』より(福音館書店) ©Rieko Nakagawa © Yuriko Yamawaki

オレンジ色のふたごの野ねずみ、ぐりとぐら。お料理すること、食べることが、大好きなふたり。
中川李枝子さんと山脇百合子さんの姉妹が子どもたちを喜ばせようと作った絵本は、見るたび、読むたび、人々をしあわせへと誘います。

この展覧会では絵本の原画は展示しません。来場者は、絵本のページをめくる代わりに、自分自身がぐりとぐらとなって、四季折々の絵本の中を歩いていきます。ふしぎな出会いや冒険、すてきなもの、草花、そしておいしいもの。
子どもたちは心を躍らせ、大人は懐かしい記憶と新たな発見を楽しむことができる展覧会です。

会期中、PLAY! MUSEUMのまわりで、ぐりとぐらの世界観を楽しむ季節の催しをさまざまに開催しています。合わせてお楽しみください。

同時開催

企画展示「柚木沙弥郎 life・LIFE」

2021年11月20日(土)-2022年1月30日(日)
染色家でアーティストの柚木沙弥郎さん(ゆのき さみろう、1922-)。型染めで布に模様を大胆に染めた染色作品をはじめ、版画や絵画、立体、絵本など、70年を超す創作活動は今日も続いています。 PLAY! MUSEUMでの展覧会は、柚木さんの作品を見て、見つめて、ワクワクする場です。「life・LIFE」、すなわち「くらし」と「人生」がテーマです。