常設展「ぐりとぐら しあわせの本」

2021年4月10日(土)ー2022年3月末予定
『ぐりとぐら』(表紙)より(福音館書店)© Yuriko Yamawaki

国内外を代表する絵本作家や絵本作品をとりあげる、PLAY! MUSEUMの常設展。
2021年4月から1年間は「ぐりとぐら しあわせの本」展を開催します。

『ぐりとぐら』より(福音館書店) © Yuriko Yamawaki

オレンジ色のふたごの野ねずみ、ぐりとぐら。お料理すること、食べることが、大好きなふたり。
中川李枝子さんと山脇百合子さんの姉妹が子どもたちを喜ばせようと作った絵本は、見るたび、読むたび、人々をしあわせへと誘います。

この展覧会では絵本の原画は展示しません。来場者は、絵本のページをめくる代わりに、自分自身がぐりとぐらとなって、四季折々の絵本の中を歩いていきます。ふしぎな出会いや冒険、すてきなもの、草花、そしておいしいもの。
子どもたちは心を躍らせ、大人は懐かしい記憶と新たな発見を楽しむことができる展覧会です。

会期中、PLAY! MUSEUMの回りで、ぐりとぐらの世界観を楽しむ季節の催しをさまざまに開催する予定ですので、ご期待ください。

同時開催

企画展 「耳をすますように 酒井駒子」展

2021年4月10日(土)-7月4日(日)
『よるくま』『金曜日の砂糖ちゃん』(いずれも偕成社)などで知られる絵本作家・酒井駒子の初となる本格的な個展です。これまでに刊行された20冊を超す絵本を中心に、約200点の原画を厳選して紹介。森の中、街の中をゆったりとめぐりながら、絵とことばに出会う、そんな新しい体験を提供する展覧会です。