日替わりのワークショップ(3ー12歳)

2024年2月

PLAY! PARKで開催しているアートやサイエンスを学べる「日替わりのワークショップ」、2024年2月のラインナップを紹介します。「櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL! 」からインスピレーションを受けたワークショップやAudio-Technicaとのコラボ企画を体験できます!

日替わりのワークショップ(3ー12歳) 概要

PLAY! PARKで毎日行なっているアートやサイエンスを学ぶ日替わりのワークショップ。
内容は日によって異なりますので、Googleカレンダーをご確認ください。
*イベントスケジュールは変更する場合があります

日時毎日、日替わりで開催
開催時間平日:14:30- 
土日祝:①11:30- ②14:30-
*所要時間40分ー1時間程度
会場PLAY! PARK〈ファクトリー〉など
参加費無料(別途PLAY! PARK入場料)
対象3ー12歳の子どもとその保護者
定員各回10名ー20名(ワークショップにより異なる)
参加方法定員を超える場合、参加は抽選です
*抽選当日の各回30分前ー10分前に受付、5分前に当選者発表

「スノードームコレクション」

PLAY! MUSEUM「櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL! 」からインスピレーションを受けたワークショップ。

PLAY! PARKにスノードームが登場!その中に入って、舞う雪の中を楽しんでみよう。
大きなスノードームの中に入って、自分自身がスノードームになるワークショップです。
*雪は緩衝材を見立てて使用します

「とぶチャレンジ」

PLAY! MUSEUM「櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL! 」からインスピレーションを受けたワークショップ。

紙コップの発射台に自分で作った○○を乗せて、翔ばしてみよう!
何度も試行錯誤しながら、どうやったら一番高く、遠くへ翔んでいくかチャレンジします。

「サウンドシェイクをつくろう」

Audio-TechnicaとPLAY! PARKのコラボレーション企画第2弾。 「Let’s! PLAY! SOUND with Audio-Technica」

レコードーナツにあう、音が楽しいドリンクをつくろう!

プラカップに好きな材料、好きな液体をいれて、ドリンクの名前を決めよう。最後にふたをして、ステッカーを貼れば、オリジナルドリンクの完成です。シャカシャカ、タプタプ、ゴロゴロ。シェイクしてみると、材料によって全く異なる音が聞こえてきます。科学実験のように、料理するように、どんな音がするか想像しながらつくってみよう!

レコードーナツをつくろう」

Audio-TechnicaとPLAY! PARKのコラボレーション企画第1弾。 「Let’s! PLAY! SOUND with Audio-Technica」

ドーナツ盤レコードをターンテーブルに乗せ、くるくると回転させながら美味しい、かわいい、かっこいいトッピングをしよう! 世界に一つのレコードーナツをつくるワークショップです。 完成したレコードーナツは、レコードーナツショップに並びます。

「くしゃくしゃおばけになっちゃおう!」

新聞紙をねじったら身につけて変身!大きなお皿でくしゃくしゃおばけにまぎれちゃおう!

「PLAY! PAPERでつくろう」

みんながつくった色がみPLAY! PAPERを使って、エリック・カールのようにコラージュで作品作りを行います。
PLAY! MUSEUMで開催していた展覧会「エリック・カール 遊ぶための本」関連企画。

「色吹雪」

カラフルなちいさい紙を、空気で押して色吹雪を発生させます。視界いっぱいの色や風を楽しもう。

「だれが飛ぶ?」

発泡スチロール製のコルクに自分の写真をつけて、空気が出る穴にさして飛ばしていきます。誰がいちばんに飛んでいくかな?