日替わりのワークショップ(3ー12歳)

2024年6月

PLAY! PARKで開催しているアートやサイエンスを学べる「日替わりのワークショップ」、2024年6月のラインナップを紹介します。新たに「鉛筆花火」が6月8日㊏よりスタート。新聞紙の大型遊具「くしゃくしゃおばけ」や、「ふたり 矢部太郎展」の関連ワークショップも引き続き実施中。

日替わりのワークショップ(3ー12歳) 概要

PLAY! PARKで毎日行なっているアートやサイエンスを学ぶ日替わりのワークショップ。
内容は日によって異なりますので、Googleカレンダーをご確認ください。
*イベントスケジュールは変更する場合があります

日時毎日、日替わりで開催
開催時間平日:14:30- 
土日祝:①11:30- ②14:30-
*所要時間40分ー1時間程度
会場PLAY! PARK〈ファクトリー〉など
参加費無料(別途PLAY! PARK入場料)
対象3ー12歳の子どもとその保護者
定員各回10名ー20名(ワークショップにより異なる)
参加方法定員を超える場合、参加は抽選です
*抽選当日の各回30分前ー10分前に受付、5分前に当選者発表

「鉛筆花火」(6/8㊏スタート)

鉛筆をクルクルまわすと線香花火みたいにパチパチ!キラキラ!
カラフルな鉛筆花火を楽しもう。

ろうそく1本、バースデー○○

PLAY! MUSEUM「ふたり 矢部太郎展」の関連ワークショップ。

大家さんは、おはぎにろうそくを1本刺して、矢部さんのお誕生日をお祝いしました。ろうそくが刺さるだけで、いつもの〇〇がバースデーケーキのように、ちょっぴり素敵に見えてきます。「バースデー◯◯」を作ったら、最後はみんなでバースデーソングを歌ってお祝いしましょう。

「トイレットペーパーが紙粘土になる!」

PLAY! PARKでは、紙の遊具「くしゃくしゃおばけ」に合わせ、トイレットペーパーの壁が出現!
そこからみんなで収穫したトイレットペーパーを使って「紙粘土」をつくろう!

「くしゃくしゃおばけになっちゃおう!」

新聞紙をねじったら身につけて変身!大きなお皿でくしゃくしゃおばけにまぎれちゃおう!

「PLAY! PAPERでつくろう」

みんながつくった色がみPLAY! PAPERを使って、エリック・カールのようにコラージュで作品作りを行います。
PLAY! MUSEUMで開催していた展覧会「エリック・カール 遊ぶための本」関連企画。

「色吹雪」

カラフルなちいさい紙を、空気で押して色吹雪を発生させます。視界いっぱいの色や風を楽しもう。

「だれが飛ぶ?」

発泡スチロール製のコルクに自分の写真をつけて、空気が出る穴にさして飛ばしていきます。誰がいちばんに飛んでいくかな?

TOPICS