PLAY! PARKの大型遊具「バルーン・モンスター」で遊ぼう!

割れない大型の風船遊具

ふわふわ、もこもこ、ぐにゃぐにゃ…

子どもたちのあそび場PLAY! PARK。ここには既存の遊具はありません。
大型の遊具は様々なクリエイターや学生、PLAY! PARKスタッフと一緒に企画し、手作りで制作しています。

2023年3月末(予定)まで〈大きなお皿〉で遊べるのは、「風船」を使った大型遊具「バルーン・モンスター」。2年ぶりにPLAY! PARKに帰ってきました!

○バルーン・モンスター 開催期間
実施時期:2022年9月10日(土)ー2023年3月末予定

大型遊具「バルーン・モンスター」って?

バルーン・モンスターは、約8000個の風船をつないでできた不思議な遊具。
ふくらませた風船を梱包用のラップで強く巻いてつなぎ合わせると、モンスターのような不思議な姿に。バルーン・モンスターは、上に乗ったり力を入れたりしても割れません。

遊び方は無限大!

よじ登ったり、

上を跳ねたり。

下をくぐったり

上に乗ってくつろいだり

よいしょと持ち上げてみたり!

3歳未満の子どもは〈小さなお皿〉へ

3歳未満の子どもは、専用エリアで安全に「バルーン・モンスター」で遊べます。

バルーン・モンスターの作り方

このユニークな遊具の発案は、東京都市大学の学生団体「如学会」。
東京都市大学の手塚貴晴研究室とPLAY! PARKのスタッフが手作りで制作していきます。

詳しい作り方はこちら

「バルーン・モンスターのひみつ」

バルーン・モンスターに合わせて「空気」をテーマにした遊具やワークショップが登場

「タコ足鍵盤ハーモニカ」

息を吹き込む鍵盤ハーモニカとは一味違います。
空気入れで空気を送ると、タコ足状につながれた鍵盤ハーモニカから音が出るように!空気を送る人と鍵盤を押す人で息を合わせて、素敵なメロディを奏でよう。

日替わりのワークショップ「ちいさなバルーン・モンスターをつくろう」

家族やお友達と、小さなバルーン・モンスターをつくるワークショップです。
風船を膨らませて、ラップでぎゅっと包むと、へんな形のモンスターができあがります。完成したバルーン・モンスターは持ち帰ってお家でも遊べます。

日替わりのワークショップ「色吹雪」*10月1日スタート

カラフルなちいさい紙を空気で押して色吹雪を発生させます。視界いっぱいの色や風を楽しもう。

日替わりのワークショップ「だれが飛ぶ?」*10月1日スタート

発泡スチロール製のコルクに自分の写真をつけて、空気が出る穴にさして飛ばしていきます。誰が1番に飛んでいくかな?

ちいさな日替わりのワークショップ「ふうせん宝探し」

特別なふうせんが、PARK 内にいくつか隠されています。見つけたふうせんはお持ち帰りできます。

「バルーン・モンスター」協力

PLAY! PARK館長 手塚貴晴

〈監修・手塚貴晴からのメッセージ〉
バルーン・モンスターが帰ってきます。蛇のような雲のような象のようなモンスター。大きいのに軽い。ぶつかっても投げ飛ばしても怒りません。お父さんもお母さんもお祖父さんもお祖母さんも子供もみんなどうぞ。汗だくになって暴れ回ってください。

東京都市大学手塚研究室(制作協力)
小川晃由/中野慶仁/浅倉有希/内村友洋/永木伶奈/近藤邦央/武末杏奈/富樫弦人/鳥居澪/水上愛海/朝長優斗/薄井実乃里/小野雄史/小菅たいが/小管風雅/重松希等璃/鈴木優澄/中島弘樹/初村大地/東拓磨/広谷哉子/宮崎拓実/室谷瞭/Vilma Vino/ Einar Plamberg/ Linnea Thorne

東京都市大学「如学会」(発案)
北村友譜/目黒周作/秋山利奈/五十嵐雄大/梅原恭介/小川陵祐/尾花さき/梶ヶ谷恭輔/加藤州/川島俊哲/川田理紗子/川野辺怜奈/久保堅太郎/熊谷新太郎/佐藤勇輔/真田義隆/杉田奈美/数藤朱梨/中村智玲/永井瞳/長谷川貴大/花房考/高垣克哉