(終了)日替わりのワークショップ

2022年10月

PLAY! PARKで開催しているアートやサイエンスを学べる「日替わりのワークショップ」、2022年10月のラインナップを紹介します。10月はjunaida展「IMAGINARIUM」の関連企画や、新遊具「バルーン・モンスター」にあわせたワークショップを体験できます!

日替わりのワークショップ 概要

PLAY! PARKで毎日行なっているアートやサイエンスを学ぶ日替わりのワークショップ。
内容は日によって異なりますので、Googleカレンダーをご確認ください。

日時毎日、日替わりで開催
時間40分〜1時間程度
会場PLAY! PARK〈ファクトリー〉など
参加費無料(別途PLAY! PARK入場料)
対象0-12歳の子どもとその保護者
定員各回10名〜20名(ワークショップにより異なる)
参加方法定員を超える場合、参加は抽選です
*抽選当日の各回30分前〜10分前に受付、5分前に当選者発表

色吹雪

カラフルなちいさい紙を、空気で押して色吹雪を発生させます。視界いっぱいの色や風を楽しもう。

だれが飛ぶ?

発泡スチロール製のコルクに自分の写真をつけて、空気が出る穴にさして飛ばしていきます。誰がいちばんに飛んでいくかな?

「PLAY! PARKのMichi」

junaida展「IMAGINARIUM」関連ワークショップ。
PLAY! PARKに街を増やし、道をつなげていきます。

道をつなげていこう、道をのばしていこう
どこへ行くかも、なにが起こるかもわからない
寄り道するかもしれないし、まっすぐ進むかもしれない

日替わりのワークショップ「おともだちをつくろう」(10/2㊐まで)

「クマのプーさん」展の開催記念のワークショップ。
『クマのプーさん』(Winnie-the-Pooh)の題材でもあるクリストファーロビンのおもちゃたちのように、自分だけの指人形をつくって名前をつけたり、お話を考えたりしてみよう。

日替わりのワークショップ「小さなバルーン・モンスターをつくろう」

家族や友達と、小さなバルーン・モンスターをつくってみよう!
風船を膨らませて、ラップでぎゅっと包むと、あら不思議。へんな形のモンスターができあがり!?
たくさん繋げてみたら、どんな形ができるかな?

日替わりのワークショップ「ぬのおばけだぞ!」

ワッ!ぬのおばけだぞ!
布に穴をあけたり色をつけたりしてワッ!と驚くぬのおばけをつくります。
ぬのおばけになったら大きなお皿でみんなを驚かせよう!
*遊具の入れ替えにともない、「Let’s! PLAY! NUNO!」で使用した布はワークショップの資材として再利用します。

日替わりのワークショップ「PLAY! PAPERでつくろう」

みんながつくった色がみPLAY! PAPERを使って、エリック・カールのようにコラージュで作品作りを行います。
PLAY! MUSEUMで開催していた展覧会「エリック・カール 遊ぶための本」関連企画。

日替わりのワークショップ「はじめましての楽器をつくろう」

親子で音の出る楽器を作り、リズムを楽しむ小さな演奏会を行います。
対象:0-2歳の子ども
*ワークショップ対象者がいる日のみ、不定期で開催

日替わりのワークショップ「絵本でPLAY!」

絵本の読み聞かせを行いながら、親子で身体を動かし、〈小さなお皿〉で遊びます。絵本の内容は当日のお楽しみ。
対象:0-2歳の子ども
*ワークショップ対象者がいる日のみ、不定期で開催

ちいさな日替わりのワークショップ

夕方の時間は、みんなが参加できる15分前後のちいさなワークショップを不定期で開催します。

遊べるワークショップは、
「ふうせん宝探し」
「紙のたまご はこぼう!」
このほか、館内のいろんなものを使って、日替わりのゲームを行ないます。

ふうせん宝探し

とくべつなバルーンがPARK内に隠れています。
見つけたバルーンはお持ち帰りOK!(一人ひとつまで)
ぜんぶ見つけられるかな?

紙のたまご はこぼう!

PARKスタッフと一緒に大きなたまごをつくったり、大きなたまごを転がして運んでみよう。

TOPICS

2022年10月1日(土)ー10月7日(金) 会期中の平日は1歳未満の子どもが入場無料
大型の風船遊具、制作の裏側
2022年10月8日(土)―2023年1月15日(日)