(終了)年間展示「エリック・カール 遊ぶための本」

2020年6月10日(水)-2021年3月28日(日)

世界的ベストセラー作家が生み出す、おもちゃのような絵本の世界

「絵本の魔術師」と呼ばれ、日本でも人気の高い絵本作家エリック・カール。
エリック・カールはユニークな仕かけがいっぱいの絵本づくりがとても得意で、世界的なベストセラー絵本『はらぺこあおむし』は、あおむしがリンゴをかじる場面のページには本当に穴がくりぬかれています。ほかにも主人公がページから飛び出したり、虫の音が聞こえたり、ピカッと光ったり。子どもたちはおもちゃのような絵本で遊びながら、生き物の営みや自然のリズムを学んだり、数や色の楽しさを体感することができます。

PLAY! MUSEUMの開館記念展「エリック・カール 遊ぶための本」では、絵本をおもちゃに見立てるという、まったく新しい視点でエリック・カールの世界をご覧いただきます。カールの絵本を「くぐる」「きく」「うごかす」「みつける」など10の遊びかたに分けて紹介しながら、大きなオブジェや楽しい映像とともに、エリック・カールが描いた美しい絵本原画をたっぷり展示します。
子どもにとってはもちろん楽しく、大人にとってもちょっぴり懐かしくて、新しい発見に満ちた展覧会です。

※本展は、エリック・カール絵本美術館(アメリカ・マサチューセッツ州)との共同企画で開催します。

展示構成

1.『はらぺこあおむし』『パパ、おつきさまとって!』『ゆめのゆき』などの絵本原画

*絵本原画は作品保全の観点から前期・後期で展示替えを行います
 前期:2020年6月10日(水)-2020年11月1日(日)
 後期:2020年11月2日(月)-2021年3月28日(日) 

2. エリック・カールの思想、創作を紹介する映像

3. エリック・カールが制作時に着用していたスモック、使用した筆や絵具などの画材、ティッシューペーパー(コラージュに使う、自ら色や模様を描いた紙

エリック・カール プロフィール

Photo by Jim Gipe, Pivot Media. © Eric Carle LLC.
Photo by Jim Gipe, Pivot Media. © Eric Carle LLC.

1929年アメリカのニューヨーク州に生まれ、ドイツで育つ。シュツットガルトの美術アカデミーを卒業後、アメリカに戻り、グラフィックデザイナーとして活躍。1968年に絵本『1、2、3 どうぶつえんへ』(ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞)を発表して以来、世界中で親しまれる絵本作家となる。代表作に『はらぺこあおむし』『くまさん くまさん なにみてるの?』『パパ、お月さまとって!』などがある。2003年にローラ・インガルス・ワイルダー賞を受賞。2002年には、アメリカ・マサチューセッツ州に〈エリック・カール絵本美術館〉を創設。カール作品だけでなく、国内外の優れた絵本の原画を幅広く収集して、絵本に関するさまざまな展覧会を開く。

同時開催

(終了)企画展示 「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念 アーノルド・ローベル展

2021年1月9日(土)-3月28日(日)
『ふたりは ともだち』など「がまくんとかえるくん」のシリーズで知られるアメリカの絵本作家、アーノルド・ローベルの国内初展覧会。 「がまくんとかえるくん」を中心とする約30冊の絵本を、貴重な原画やスケッチ約200点とともに紹介します。ユーモラスで温かいローベルの世界をお楽しみください。