(終了)【PLAY! NIGHT】「クマのプーさん」展 関連イベント 坂本美雨コンサート「うたとことば」

2022年9月30日(金)19:00開演(18:00開場)

閉館後のPLAY! を使ったPLAY! NIGHT。 この夏は、PLAY! MUSEUM「クマのプーさん」展の関連イベントとして、ミュージシャンの坂本美雨さんを迎えたコンサートを開催します。

坂本美雨さんは、10月2日(日)まで開催中の「クマのプーさん」展に朗読で参加しています。展覧会場では、童話集『プー横丁にたった家』と詩集『クリストファー・ ロビンのうた』『クマのプーさんとぼく』の一部を音声で味わうことができます。

PLAY! NIGHTでは、坂本さんおなじみの楽曲の歌と合わせて、プーさんの朗読も特別に披露します。

歌や朗読に共鳴する演奏は、2021年に発表された坂本美雨さんのアルバム「birds fly」の共同制作者でもあるピアニストの平井真美子さん。

ひとりで、友人同士で、パートナーと、親子で。どなたでもくつろげるユニークな会場PLAY! PARKで、ここでしか体験できない特別な夜をお楽しみください。

【PLAY! NIGHT】「坂本美雨コンサート うたとことば」開催概要

日時2022年9月30日(金)19:00開演(18:00開場)
会場PLAY! PARK 〈大きなお皿〉とその周り
出演坂本美雨(歌、朗読)、平井真美子(ピアノ)
参加費(税込)大人(中学生以上):3,200円
小学生以下:1,600円
未就学児:無料

*こちらはイベントの参加料金です
・PLAY! MUSEUM「クマのプーさん」展の入場料は含みません。イベント当日に来場される方は、事前に日時指定券(オンラインチケット)をご購入ください。空きがあれば、MUSEUM受付で10:00より当日券を販売します。当日券の空き状況は、PLAY! のTwitterでお知らせしますので、必ずご確認の上ご来場ください。当日のPLAY! MUSEUMの開館時間は10:00-18:00です
・PLAY! PARKの入場料は含みません。イベント当日に来場される方は、PARKで当日券をご購入ください。当日のPLAY! PARKの開館時間は10:00-14:30(最終入場13:30)予定です
対象大人から子どもまで
定員150名(先着順)
*小学生以下は要保護者同伴(保護者1名につき2名まで)、未就学児は1組につき1名まで
*未就学児は膝の上でのご鑑賞をお願いします
参加方法2022年8月18日(木)18:00より事前決済のチケットを販売します
申し込みはこちら
*定員あり、先着制
*自由席です
*当日は整理番号(チケット購入)順にご案内します
*お客様都合のチケットの払い戻しはできません
問い合わせPLAY! PARK 042-518-9627(10:00-18:00)
*電話予約はできません。ウェブで事前決済のチケットをご購入ください

坂本美雨

1980年、音楽一家に生まれ、東京とNYで育つ。1997年歌手デビュー。
1997年「Ryuichi Sakamoto feat. Sister M」名義で歌手デビュー。音楽活動にくわえ、ラジオパーソナリティ、ナレーション、執筆、演劇など表現の幅を広げている。動物保護活動をライフワークとし、深すぎるネコ愛から「ネコ吸い」という言葉を生み出す。2015年に長女を出産。自身のSNSでは愛猫“サバ美”と娘との暮らしぶりを、ありのままにさらけ出している。2021年、ソロ名義としては6年半ぶりとなるアルバム「birds fly」をリリース。
アニバーサリーイヤーの今年、25周年記念シングル「かぞくのうた」、エッセイ「ただ、一緒に生きている」(光文社)を上梓。全国ツアーを開催中。

OFFICIAL Instagram:
https://www.instagram.com/miu_sakamoto/  (miu_sakamoto)

OFFICIAL TWITTER:
http://twitter.com/miusakamoto
(@miusakamoto)

OFFICIAL HOME PAGE:http://www.miuskmt.com/

平井真美子

桐朋学園大学音楽部ピアノ科を卒業後、劇伴作家として活動。
ドラマ「過保護のカホコ」「同期のサクラ」「神様のカルテ」「となりのチカラ」や映画「白夜行」「ボクは坊さん。」「恋妻家宮本」などを手掛ける。また現在放送中のNHK-BSプレミアムの長寿番組「にっぽん縦断こころ旅」の主題歌とBGMを担当している。2012年新進気鋭のアーティストに贈られるアメリカの「S&R Washington Award 」受賞。
2017年 ワシントンD.C.にて歴史古い「National Cherry Blossom Festival 」のオープニングアクトの作曲・出演を務めた。
また日々の想いを音にトランスレートして書き綴る “Piano Diary” をライフワークとし、二枚目の作品となるオリジナル・ピアノアルバム「夢の途中」を発表。
近年は手嶌葵、坂本美雨などアーティストへの楽曲提供も行っている。

TOPICS

「本を読んだことがない人でも楽しめるように、物語への入口をたくさん用意しました」
2022年8月24日(水)、 8月31日(水)、9月7日(水)、9月14日(水)、9月21日(水)、9月28日(水)各14:00-
「シェパードにしか描けない絵の空気感がすごいな、って思います。」
「なんだか不思議で、ちょっとヘンな感じが魅力なんです。」
「日常をちょっと豊かにする、イギリスのお茶とお菓子」