オリジナルグッズ 「TROPOPAUSE × junaida パッチワークシャツ」制作裏話

企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」

PLAY! MUSEUMで開催中のjunaida展「IMAGINARIUM」(2022年10月8日(土)―2023年1月15日(日))には、junaidaの世界観を詰めこんだオリジナルのミュージアムグッズが勢揃いしています。

その中でも、真摯な物づくりを続けるブランドとのコラボレーションアイテムは一層の魅力を放っています。
今回は、ジェンダーレスな日本製シャツブランド・TROPOPAUSE(トロポポーズ)とのコラボシャツを紹介します。TROPOPAUSEの山田さんに、junaidaさんの作品の印象や制作の裏話を聞きました。

junaidaさんの作品の印象は?

まず率直に絵が上手だなと思いました。構図とか色の使い方もキレイ。そこからファンタジーな独特の世界観が生まれている。
ちょっとした仕掛けやどこか懐かしい雰囲気など、同世代ということもあって、同じ時代に生き体験し吸収したものが根底にあると感じました。

ーシャツのデザインとして、junaidaさんから画集『UNDARKNESS』の図案を提案されたとき、どんなことを感じましたか?

彼の作品の中でもダークサイドを基調とした世界観の中で悪魔とか怪物とか、とりわけ不気味なモチーフがミックスされ、本とはまた違った新たな魅力が生まれていました。それが4種類のテキスタイルとして提示されたので、圧倒的な力を感じました。

『UNDARKNESS』(Hedgehog Books、2021)©︎junaida

4種類のテキスタイルのバランスはどのように決めたのでしょうか。

パッチワーク自体はトロポポーズの代名詞とも言える手法で、これまでにもいろいろな形で採用してきました。
テキスタイルの色味や分量、はぐ枚数、はぎ線の位置、全体のバランス、そして何よりも、着用した時のイメージがいちばんしっくりくる形を探っています。

ーコラボシャツならではのこだわりポイントを教えてください。

今回の場合は圧倒的な力を放つ絵がテキスタイルだったので、わざとぶつけ合うことでフラットな柄のように見えるように意識しました。また、着用時に『UNDARKNESS』の世界観がブワッと煙みたいに浮き出てくる感じをイメージしました。

襟やポケットがアクセントになっていて、後ろの裾が長いシルエットがポイントになっています。実は、これはjunaidaさんからのアドバイスで最終的な形に仕上げました。結果として、このシャツ自体もjunaidaさんの作品になってしまった!と思いました。マジックですね。

ージェンダーレスなシャツブランドと、男女問わず人気のjunaidaさんの作品には通ずるものがあると思いますか。

通ずるものがあるかどうかは自分たちではわかりませんが、彼の作品には世代も性別も超えて共感できるノスタルジーと世界観があると思います。
同じ時代に生き体験し吸収したものが根底にあることが、ひょっとしたらジェンダーレスというキーワードに結びついたのかもしれません。

ー普段は完全受注生産で販売されていますが、ミュージアムショップでの展開にはどんな期待がありましたか。

トロポポーズでは、「廃棄をなくし、好きなものを長く着てほしい」という考えから、必要以上にモノを作ることなく、毎月新しいワクワクをお届けできるように、毎月の受注生産という方式を採用しています。普段はインターネットを介してお届けしているので、街に開かれたミュージアムという場を通じて、直接シャツを見ていただける機会が楽しみです。

作品を消費するのではなく、各々が自分のペースや解釈で楽しめるPLAY! MUSEUMは、トロポポーズが目指している姿にとても近いと感じています。この場をお借りして、シャツだけでなく私たちの取り組みも知っていただけたら嬉しいです。

ーjunaidaさんとの商品作りで印象的だったことがあれば教えてください。

同世代のアーティストと一緒にモノづくりができたことが嬉しかったです。東京と京都ですので実際にお会いする機会は多くはなかったのですが、要所要所で通じている感覚があり、とても楽しく刺激的な制作の時間を過ごせました。

TOROPOPAUSE × junaida パッチワークシャツは完全受注販売です。購入方法など詳細はこちら

2022年11月11日(金)17:00より、TROPOPAUSEのオンラインショップでも受注販売を受け付けています。ぜひオンラインでもお買い求めください。

2010年に日本で生まれたシャツブランド。性別や年齢を問わず、誰もが自分らしく着こなせる上質なデザインシャツを提案している。TROPOPAUSE(トロポポーズ)とは、地球の大気圏界面にある対流圏と成層圏の境界のこと。フォーマルとカジュアル、モードとストリートファッションとプロダクト、そのどちらでもなく、どちらにもなれる境界線上の存在として自由で楽しく着心地のいいシャツを作り続けている。
https://tropopause.net

TOPICS

「今僕ができる最上のものができた。」
2022年10月8日(土)―2023年1月15日(日)
「絵をじっと見て、その絵の中のものになりきってみる。」
企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」
2022年11月5日(土)19:00−20:30/junaida展「IMAGINARIUM」関連イベント
2022年10月8日(土)―2023年1月15日(日)
光も闇も引き連れて 絵筆に灯る 想像と空想
企画展示 junaida展「IMAGINARIUM」
「普段のPLAY! MUSEUMとは違う空間体験を楽しんでもらえたら」